勝手に2016年の星野源を振り返る

勝手にも程がある。

こういうのは大抵自分自身を振り返るべきなのに、なぜ最近一躍圧倒的に飛ぶ鳥を落とす勢いであるホシノのゲン氏のことを振り返るのかということについて疑問が浮かぶとは思いますが、

そんなことは関係ない!振り返ってみましょう。

おさらいとして2015年の星野源は「SUN」がヒットし、念願の紅白歌合戦に出場。お茶の間にじわじわと認知されていった年だったと思います。

そして、今年です。「逃げ恥」、「恋ダンス」。この2つのキーワードで彼はすっかり老若男女から愛されるスーパースターとなりました。

私は2011年から星野源のことが好きなので、昔は「好きな俳優は?歌手は?」と聞かれたときに、ムズムズしながら「…星野源」と答えていました。当然まだ有名ではなかったので「・・・誰?」と言われることがほとんどでした。しかし!最近では「最近星野源好きなんだ~」と相手から言ってくることが増えて、彼の人気を日々感じることが増えました。

それも逃げるは恥だが役に立つのドラマの影響が大きいと感じます。世間の人は星野源のことを「奥手そう」、「純粋」、「プロの独身」だと思っていますが、
それはドラマの役であって!津崎平匡であって!星野源ではないんですううう!!

「箱入り息子の恋」、「逃げ恥」の出演に引き続き、来年公開される「夜は短し歩けよ乙女」の先輩の声をあてることになりましたが、どれもこれもさえない青年~~!ほぼ童貞役やないかい~~!!!もうこれは世間の星野源に対するイメージが固まってきつつありますネ。

しかしこのドラマの好演によって、星野源の素朴さ、可愛さ、なんかどこかにいそうさが今の女子にハマったのかなあと思います。草食系男子が多いといわれているなか、俺様系男子のラブストーリーを見ても、それに現実を重ねることはないんですよ。でも、このドラマで「契約結婚」という一見現実味のないような突飛な設定の中にちりばめられた現実、それに人々は自分の姿を重ねてムズキュンしたり、ジーンとしたりしたんだと思います。

そして二つ目のキーワードである「ダン
ドラマのエンディングで出演者たちが主題歌である「恋」にあわせて踊るダンスがYoutubeで公開されたことで、恋ダンスが一躍ブームになりました。決して簡単な踊りではないんですけど、だからこそ踊れるようになりたいと練習し、それをSNSにあげる人がたくさん出てきたのかなと思います。

また今年も紅白歌合戦に出場しますし、審査員には「みくり」こと新垣結衣ちゃんもいるので、なんだかわくわくしちゃいますね。きっと来年はもっと星野源が活躍する年になるんじゃないかと思います。初のイヤーブックもでるし、エッセイもでるし、完全に稼ぎまくる予感ですね。体調だけには気を付けてもらいたいですが、ファンのみんなをいっぱいわくわくさせてください~~!

***あとがき***
果たして、これは振り返ったといえるのか?
f:id:d-ekt0514:20161226163546j:plain

夫婦をこえてゆけ

今日で「逃げ恥」が終わってしまう。絶望。

もう12月も下旬ですってよ。12月に入ってから更新の頻度が格段に減ってしまいましたが、元気です。卒論は進まないです。卒論ってどうやっても進まないようにできているんですかね。違いますか。私がやっていないだけですか。すみません。

今日は大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回です。号泣。もともとホシノのゲンちゃん、アラガキのガッキーちゃんが好きな私にとって、これ以上ド真ん中ド直球ド神ドラマなものはないので、初回から楽しく見ていたのですが、本当にこんなブームを起こすほどのものになるなんて。

自分の好きな俳優さんが出ているドラマは、そのドラマの内容の良し悪しに関わらず、とりあえず見るっていう人が多いと思うんですよ。実際に私も初回は期待せずに見たのですが、見てみたら設定自体おもしろいし、各話のストーリーも、演出も本当に素晴らしいドラマで、そりゃこんだけ話題にもなるわ!という感じですね。


私もどっぷりはまってしまって、髪型はガッキーの写真を見せて「これにしてください!!」と頼むし、恋ダンスを友達と踊ってSNSにあげちゃうし、サントラは1も2も発売日当日に買ってしまうし、DVDもさっそく予約してしまいましたよ。お金が飛んでいく…原作も自分へのクリスマスプレゼントとして買おうと目論んでいます。にしし。

今回のタイトルは主題歌の「恋」の1フレーズ。この言葉にこのドラマのメッセージがつめこまれているんだろうなと思います。ドラマの公式サイトで、ホシノのゲンちゃんがこんなことを言っていました。

今回の「恋」は全部の人に当てはまるラブソングにしたいなと思っていて、例えば対異性でもいいし、対同性でもいいし、それこそ結婚していてもいいし結婚していなくてもいい。対動物でも。今、僕たちが当たり前だと思っていたことが、どんどん変わってきている時代だと思います。ドラマの中でも夫婦という制度が揺らいでいますが、今後この作品のように様々なスタイルが生まれていくんだと思います。そういう意味も込め、すべての人に当てはまるラブソングになっていると思います。
http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/interview/interview02.html


んもう!!深いじゃないの!!!
って、初めてこの話を聞いたときに感動しました。このメッセージを、「夫婦をこえてゆけ」という短いフレーズで表現する才能って素晴らしすぎません???あんたッ最高だよッ!!!



silly.amebahypes.com
最近「結婚」って何のためにするんだろう、なんて思ってぐるぐる考えてしまうことが増えました。
このコラムがすごい面白いというか、そこまで深読みするんだ~すぎょいって思ったのでぜひ読んでみてください。
逃げ恥を見ている人なら「なるほど!」って思うところがいっぱいだと思います。


すでに7話ぐらいから(全11話)逃げ恥ロスがこわくて、毎週火曜日がやってくるのを楽しみにしているような、さみしいようなそんな複雑な気持ちで待っていたので、今日がその最終回だと思うと、虚無感でいっぱいになりそうですが、最後にあの二人はどんな決断をするのか、しっかり見届けたいと思います。

恋

運命の人にする

12月に入って初めての更新です。卒論つらいです。

さて、記事のタイトルの「運命の人にする」
タイトルだけ見たらなんだなんだ自己啓発本とかそういう類のやつか?ってなりますが、ほぼ同時期に違う人が言った言葉なんですね。これ。

まずひとつめはブログ内で何度か出てきている逃げるは恥だが役に立つ」というドラマの8話で、主人公のみくり(新垣結衣)の母親であるさくらさん(冨田靖子)がみくりに言った言葉。

さくら「運命の相手ってよく言うけど、私そんなのいないと思うのよ」
みくり「夢がない」
さくら「運命の相手に、するの。意志がなきゃ続かないのは、仕事も家庭も同じじゃないかな」


しみる~~~~

ただただラブラブな夫婦だと思っていたさくらさんご夫婦でしたが、この人と幸せになるという意志があってこそのあの生活だったんですね~。

しかし、実はこの話の前の日にテレビ朝日系列の「しくじり先生」にてオリエンタルラジオのあっちゃんが同じような話をしていたのです。

あっちゃんは名作星の王子さまの内容を読み解く授業をしていて、そこで「運命の人」について言及していました。

簡単に星の王子さまの内容をまとめると、

主人公は飛行機乗りで、サハラ砂漠に不時着してしまいます。そこで出会ったのが星の王子さまです。星の王子さまは自分の星で一本しかないバラを大切に大切に育ててきました。しかしそのバラと喧嘩をしてしまい、サハラ砂漠まで来たのでした。王子さまは地球でたくさんのバラを見てショックを受けました。バラが自分の星にある一本しかないと思っていたからです。しかし、王子さまは気付きました。自分が大切に育ててきたのはあの一本のバラだけだ、と。この地球にはたくさんのバラがあるけれど、自分が長い時間大切に大切に育ててきたバラはあのバラだけなんだということに気づきました。

たくさん省略してしまったのですが、つまりあっちゃんがいうにはこのバラは「愛情」を象徴しているそうです。
運命の人っていうのは突然目の前にあらわれるものなんかじゃなくて、長い時間をかけて大切に大切に愛情をはぐくんでいくことによってその人が運命の人になるんだっていう考えを学びました。

私は「逃げ恥」を先に見てから、友達に「しくじり先生」のことを教えてもらってネットで動画を見ました。二つが合わさってすごく感動しました。今までそんなこと誰も教えてくれなかったのに、同じタイミングでそんな深いこと言われたら運命の人に関する考えが完璧に変わるよ~~~。
でも、長い時間をかけて愛情を育みたいと思える人に出会わなければいけないですよね。誰でもいいってことじゃないんだから。


誰か運命の人になってくれ~~~。

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

イラってするやつベスト3発表

「え?それ今話さなくてよくない????」

どうも!私は他人から嫌われるのが怖くて、集団になると萎縮しまくる人間です。だからといって1対1も気心のしれた仲でないと緊張してしまう、もうどうしようもないタイプです、こんにちは!

私がブログを開設して初めて投稿した記事にもあるように、心理学を大学で学んでいるので他人に興味はすごくあります。なので周囲を観察しまくるし、空気もよみまくります。
menruigasuki.hatenablog.com

だからこそ、まわりを見れていないような人に出会うとめっちゃ腹立つし、あぁそういう人間なんだなって思います。
どう?最低でしょ???

なので今日はそんな、過剰に周囲を気にするガールこと私が対人場面においてイラってするやつベスト3を発表しまーす!!!!
これは「私」のベスト3なので、異論は認めません。キリッ

3位 質問しといて全然聞かないやつ~

はいこれ。よくあるこれ。質問しといてスマホいじりながら「へ~。」って。おい。おいおい。お前が質問したんとちゃうんか。おい。わし誰のために答えとんねん。
似たような場面だと、面白い動画の話をしていて、私がYoutubeで開いてあげたのに、すぐ飽きて他の人と話すやつ。おい。おいおい。お前が見たいって言ったんちゃうんか。わし一人で音量大きめで見てるやつになっとるやないか。途中でやめるわけにもいかないし、結構きまずいぞ。

2位 全然共感してくれないやつ~

たまにいるやつ。何人かであるあるの話とかしていて「わかる~(笑)」って盛り上がってるのに、「え、私わかんない(汗)」とか執拗にアピールしてくるやつ。いやいや、なんとなくそこは「わかる~(苦笑)」で済ませとけばええねん。
共感こそが人間関係を作っていくんやぞ!!!!!(名言っぽい)
でも解散して2人になったときに「さっき、すごい盛り上がってたけど実は私共感できなかったんだよね…」とか言われたら、なんか…ちょっといいなって思う。

1位 何人かで話しているのにその中の数人しかわからない話をするやつ~

これ!!!これです!!!!てかこれを話したくて無理やりベスト3つくったっていうところある。今回の冒頭のセリフの通りです。
「え?それ今話さなくてよくない????」

絶対誰しも一回は経験したことあると思います。
せっかくこのメンバーで集まっているのに、他の共通の組織に所属している人同士でその組織の話するやつ。たまにこっちにもわかりやすく話してくれる人もいるけど、まったくそんなの無視で話す人ってどういうつもり?こっちの気持ちも考えて??あとで話せば???

あと数人の共通の趣味の話とかもよくあります。私の場合は少年漫画にまったく詳しくないのですが、友達3人で話しているときに毎回絶対少年漫画の話になって、最新号のジャンプの話をされても、こっちはまったく知らないから会話にも参加できなくてつらいです。最初のほうはいろいろこっちから質問して3人で話していたのですが、それも疲れたから2人がその話をしているときはスマホいじってました。なんかそれも感じわるいですね。(自己嫌悪)

いや、でも悪いのはそっちだから!!!

途中、エセ関西弁がまじりましたことをお詫び申し上げます。

1位の話をしたくてしたくて、、、無理やりベスト3を作ってしまいました。1位の件は特に遭遇することが多く、なかなかこちらから言い出しづらいところもあるので、心当たりのある方は早急に反省と改善のほうよろしくお願いいたします。

All small Things

「恋人と過ごしたどんな時間が心に残ってる?」

私は先月、大好きだった彼氏にフラれました。
こんな赤裸々な告白、知り合いがこのブログを知らないから書けることで、もし知り合いにバレたら速攻消します。笑

元彼、と今書いて「元」が付いてしまったことを再確認してへこむ私ですが、元彼は私の5つ上で二年前から交際していました。どちらからということもなく、お互い惹かれあって付き合うようになりました。お互い好きなものや価値観などが似ていたので、ケンカというケンカは一度もすることなく、楽しく、幸せな毎日を過ごしていたつもりでした。ともかく私は幸せでした。しかし、彼は社会人3年目で残業も多くなり、平日に会うことはなくなりました。土日もお互い他の予定が入ったりして、別れる数か月前からは一か月に2,3回会えればいいほうでした。

結局私がフラれた理由は「仕事も忙しくなってきて、前みたいな好きという気持ちがなくなった」というものでした。

前触れがまったく無かったわけではありません。私はなんとなく頭では「この人はもう私のことを好きではないかもしれない」とわかっていたけれど、それを否定して、なんとか気に入ってもらおうとひたすら彼に優しくしたし、ひたすら愛情を伝えました。でもかえって彼を苦しめていました。彼は「君を騙しているみたいでつらくなった」と言いました。

私は恋愛経験が豊富な方ではないですが、過去にお付き合いした人はこちらからフった経験しかないのでフる側の気持ちはとてもわかるのです。だから、フラれた側が「別れたくない!」ってどんなに懇願しても、フった側の気持ちがゆらぐことなんてほとんどないこともわかっていたから、「別れたくない」と思っていたけれど彼には伝えませんでした。でも今になってかっこつけないで必死に泣いてすがればよかったと少し思ったりもします。

ここで記事のタイトルと最初の一文に戻りますが、角田光代の「All small Things」という小説を夏に読みました。この話は冒頭の通り恋人と過ごした時間について各章の主人公たちが思い出していくというものなのですが、どれも他人からしたら小さなささいな出来事ばかりで、タイトルどおり小さなことこそが幸せなんだと思いました。
これを読んだときは、まだ彼と付き合っていた頃だったので、彼と過ごした時間と聞かれたら、一緒に彼の部屋で映画を見て、内容について語り合ったことや、絵をかくことがお互い好きだったので、一緒にマグカップに絵をかいたりしたことや、本当にささいな日常を思い浮かべていました。

でも今、この質問をされて、彼との思い出を思い出しても、別れる最後の一か月の彼しか思い出せません。いつもの笑顔はなく、後ろめたい表情の彼だけ。なんだか悲しいですね。あんなに幸せだったのに。

別れてすぐは毎日息をするのが苦しくて、ふと一人になると溢れ出るように涙が出ました。でも今は少し時間が経って、この間大学から一人で帰ってるときに突然「もっと素敵な人に出会える気がする」なんて思えて、まだまだ私の未来は明るいぞと一歩一歩踏みしめて駅までむかいました。

もっと、もっと時間がたったら、彼、いや元彼との思い出はささいな、幸せな思い出に戻っていると信じて、毎日を生きていきます。

All Small Things

All Small Things

女が一人で生きていくこと

ドラマ「プリンセスメゾン」にハマりかけています。

前回TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の話をだしましたが、その次にハマっているのがNHKプレミアムでやっている「プリンセスメゾン」
これも「逃げ恥」と同じく漫画が原作のもの。


主人公沼越幸(26)は居酒屋店長代理でボロめのアパートで一人暮らしをしていて、彼女の夢はずっと住み続けられるマンションを買うこと。そんな彼女と不動産屋に勤める人々、彼女をとりまく人々とのお話、といった感じです。

主人公には感情移入できないものの、東京という町で皆寂しさを感じながらも毎日を生きて、生活をしているところに、なんだか今の世の中を描いてる感じがして、いつも放送を楽しみに見ています。
このドラマの中で今回のタイトルの「女が一人で生きていくこと」という話がありました。このドラマの中では独身女性が多く、現在恋人なしの私としては自分を重ねて見ていました。このドラマのテーマである「家を買うこと」は独身女性としてとても大きな決断で「一人で生きていくこと」を決断する瞬間だと思います。

私自身いつかは結婚をしたいと思っているけれど、結婚だけが幸せになる方法だとは思っていません。一番自分の身近な大人である「両親」は結婚をしたわけだから、その親に育てられてきたら結婚をするのが当たり前という思考になってしまうのも仕方がないことだと思います。でも結局どの道を選んでも、幸せと不幸せの大きさは同じだと思います。だから結局自分はどういう生き方をしていきたいのか、ということが大事だと思います。まぁ理想と現実とはだいたいかけ離れてしまうものだけれど。

ただ出産、子育て、この経験は独身生活で代替できるものはないと思います。幸せの分だけ辛いこともたくさんあるだろうけど、私はこの経験がしてみたくて結婚したいんだろうなと思っています。

まぁ、でもまずは恋愛からはじめまーす()

プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス)

男はつらそう

女なので、男が実際につらいかどうかはわからないのですが、なんだかつらそう。特に恋愛面に関して。

なんで突然こんなことを思ったかというと、私の友達に最近彼氏ができまして、いやーめでたいと思っていたのですが、彼女から幸せな表情が見えず、聞いたところ
「奥手を通り越して童貞感つよすぎ…」
告白の流れがあまりにも慣れてなさすぎて彼女的には納得がいかなかったよう。付き合いたてだけどドキドキがなくて不安そうでした。
他の友達でも、あからさまに女の子に好意丸出しの恋愛経験乏しい男が女の子をご飯に誘って、かっつけようとしたのか女の子がトイレに行ったすきに会計を済ましたものの、女の子が「申し訳ないから払うよ〜」という一応お約束の流れをしようとしたら男が拒まず、結局割り勘になるという残念エピソードを聞いて…
男性って恋愛経験がないとこれから先も恋愛できないのでは!?
と思ったらなんだか生きづらい世の中だなと思いました。

男女平等とか叫ばれてる世の中だけど、結局恋愛において主導権を握るのは男性がほとんどなわけで、特に付き合う前のデートは男性に引っ張ってほしいと思っている女子が大半だと思うと、女性は恋愛経験が豊富でなくてもいいのに対して男性は恋愛経験の多さというより恋愛経験があるかないかによって判断されてしまってかわいそうだと心から思いました。まあ正確にいうと恋愛経験ないのがまるわかりっていうのがだめっていうことなのかもしれないけれど。

いま話題のドラマ逃げるは恥だが役に立つで35歳プロの独身こと津崎平匡(星野源)が世の中の女性をキュンキュンさせていますが、なんだかんだあの人大事な場面でちゃんと行動できてるから今まで機会がなかっただけで全然いけるやん!!って思いました。前話の終盤では完全にやらかしてましたけど。
でもそのドラマの中でイケメン同僚の風見さん(大谷亮平)が出てくるのですが、彼は彼でアプローチをしてもイケメンがゆえに相手に本気と思ってもらえなくてかわいそうだなと思いました。あのドラマって「たのしい」の中にすごく深いことが描かれていて面白いですよね。
偏見はよくないと思いつつも決めつけてしまう。ちゃんとその人の中身を知ろうと思わなければいけないですね。